FC2ブログ

 

日本スピッツ*シロのブログ
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
今日は、ほっくんのうちの子記念日でした☆
20140702 (1)
1年前の7月2日、夫が仕事の帰り道、駅前で道行く人道行く人にすり寄っていたというほっくんを拾ってきました。

ほっくんほど、うちの子記念日がありがたいコはいません!
シロやクーだって、不測の事故や病気がないとは限らないのだから、もちろんありがたいのですけれども、どうしても、シロやクーのうちの子記念日は、半ば当然~的なところが、正直、あります^^;



この1年で、病気もりもりのほっくんからいろいろなことを学びました。

猫エイズ陽性…これは、意外と、日常的には何の不都合も感じません^^

てんかん…ほっくんの場合、紙や張りのあるビニールなどの、バリバリッ、ビリビリッというような音に反応して、激しい痙攣を起こします。
痙攣は数分間続き、徐々に治まってきて、やがてゆっくり立ち上がります。
大体10分間程の出来事です。
どうしてあげればよいのかわからず、うろたえてしまうのですけれども、できることは、体をぶつけてケガをしないようフォローすることぐらいです。
もしも、何十分間もおさまらないようなことがあったら、お尻に入れてあげてと、念のため、座薬を処方されてはいますが、いつもの発作であれば、日常的に不都合はありません。
保護当初はわからなかったので、猫砂をトイレに入れようとして、ビニール袋を開けたり、抱えたりの音とか、掃除をしていて、コロコロの粘着音とかで、発作を起こされているうち、気を付けどころがわかってきて、薬の助けも借り、ほぼ回避できるようになりました。
薬というのは、不安や緊張をやわらげるための薬、セエルカム錠2(ジアゼパム)で、ウェットフードに混ぜ込んで、朝晩飲ませています。
この薬を飲めている時と飲めていない時とでは、物音への反応が全く違います。
人間用で、向精神薬として使われている薬です。

腎臓病…栄養失調、脱水、貧血の症状で、食欲があってもガリガリのままだったり、起きたり歩いたりがすべてフラフラ、ヨボヨボしていて、10cm程の段差を上がるのもやっと…という感じです。
保護当初、すでにステージ4(末期)との診断で、その半年後の超音波検査では、左右共もう機能していないとのことなのですが、なぜか現状維持できて、普通に暮らせています。
獣医さんもどうしてかわからないという…ミラクルです☆^^
残っている腎臓の負担を軽くし、腎臓病の進行を遅らせる働きがある、フォルテコール2.5mgという薬を、ウェットフードに混ぜ込んで、1日1錠飲ませています。
この薬は、効いているのかいないのかわからないのですが、なぜか現状維持できている原因かもしれないと思うと、止めることができずにいます。
昨秋、新発売された療法食、日清のキドニーキープは食べてくれたことも大きかった気がします。

歯周病~骨髄炎…ほっくんの場合、これがいちばん死に直結する原因になりそうです。
保護当初、犬歯をはじめほとんどの歯が、ほっくんにはすでにありませんでした。
やはり、歯がないと食べにくそうで、食べられるものが制限されてしまいますが、それなりに暮らせます。
ただ、歯周病はとても厄介で、歯周病から骨髄炎に至ってしまっているほっくんの場合、抗生剤を飲み続けて抑えていないと、細菌に感染されているあごの骨の周辺からすぐに膿んできてしまいます。
完治するには、あごの骨の細菌に感染されている部分を切除する必要があるそうですが、その大手術にはとても耐えられないだろうとのことで、抗生剤を飲み続けるという対処療法しかできずにいます。
抗生剤は苦いらしいのですが、ウェットフードに混ぜ込んで、朝晩飲んでくれています。
抗生剤を飲めないことが2日程続くと、途端に、歯茎やあごが腫れてきて、食欲がなくなります。
それを見過ごして、悪化させてしまうと、この春先のように、3~5日間程、朝から夕方までかかる静脈点滴の集中治療を、入院と通院で受けなければならなくなります。

現在、ほっくんに飲んでもらっている数種の薬や抗生剤の副作用はとても気になるのですが、どれも飲み続けるしかありません**
たくさんの薬を飲ませているのもそうですが、週1の皮下輸液がかわいそうです**
栄養補給のために必要なことなのですが、病院に行くのも嫌がるし、注射されている間、つらそうに鳴くし、飼い主もつらくて、
うちに来てから、注射ばかりされるし、ごはんは薬もりもりか療法食だし、まるで実験か何かみたいに生かされているより、死んだ方がマシだと思ってないかなぁ…と、獣医さんに言ったこともありました。
すると、
他の野良猫や心ない人に襲われる心配もないし、ごはんも毎食必ずもらえるし、暑かったり寒かったりしない快適な寝床はあるし、注射や薬はつらいだろうけれども、安心して寝ていられる時間がほとんどだから、楽だ~と思ってると思いますよ^^と、答えられました。
商売で言われたようには感じませんでした^^
けっこう支えになりました^^



ただ、シロが襲わないかは、正直、自信ないです**;
だから、とうとう1年間、リビングと廊下の間のゲートを撤去できませんでした**
20140702 (2)

一度だけ、ほっくんが来て半年ほど経ったある日、夫が出勤した後、洗濯機を回している間、ちょっと横になったら、すぐにうとうとしてしまっていたらしい^^;のが、なんとなく異変を感じて、ハッと目を開けたら、ありえない光景が、そこにありました**
ほっくんとシロが並んで歩いていました**;

健康な猫ならば、あのゲートを飛び越えるなんてなんでもないことでしょうが、ほっくんは絶対に無理です。
ほっくんが通れるほどの隙間も開いていなかったし、一体どうやってほっくんがこちら側へ来れたのか、いまだに謎なのですが、そんな疑問はさておいて、もしかしたら、もう一緒に暮らせるのかもしれない!と、超単純に気を良くした飼い主は、次の週末に、リビングの一角にほっくんコーナーを作りました♪
20140702 (3)

気にし過ぎるシロ**
20140702 (4)

ずっと
20140702 (5)

ずっと見てました**
20140702 (6)

寝ました**
20140702 (7)
ちなみに、クーは、ちらっと見ただけで、気にもせず、いつも通りに過ごしていました^^;

夜中になり、必死にほっくんコーナーから脱走したほっくんを、シロが吠えて追い回す**という事件が起こり、夜中のうちに、ほっくんは元の部屋に戻されましたT_T

この一件で、飼い主は、家庭内別居解消の夢を完全にあきらめました。
この変なスタイルでしかバランスが取れなくても、なんとなくよしとすることにしたのです**;
変だし、一日中家にいると、どんだけゲートをまたがなきゃならないか!不便だけれども、バラエティに(アクティビティに)富んでいてけっこう楽しいです☆物も考えようです^^;

ブラッシング、っていうか、
20140702 (8)

触られるのが大好き^^
20140702 (9)

気持ちよかったにゃ~
20140702 (10)


20140702 (11)

呼ぶと、体調が悪い時でなければ、必ず、ニャ、とか、ニャ~と、返事してくれるほっくんに、
20140702 (12)

のんびり気楽な生活を、もう少し過ごしていてほしいです^^
20140702 (13)


おめでと!
いくらでもいていいんだよ、うちは!

さっき、夫がほっくんに話しかけていました^^



↓ポチっと応援いただけましたら嬉しいです^^↓
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

ホクくんうちの子記念日おめでとうございます♪
シロママさんのお家の子になれて、ホクくんとっても幸せですね(*^_^*)
お薬や点滴など大変なこともあるけど、それを上回る愛情をもらってるんですものv-345
普通に暮らせるミラクルも、シロママさんの努力と愛情の賜物ですね(^_^)v
心より、うちの子記念日おめでとうございます♪

名前:豆蔵 | 2014.07.03(木) 10:56 | URL | [Edit]

 

あれから一年も経つんですね。ほっくんのうちの子記念日おめでとうございます☆彡
一枚目のほっくんは、駅前で途方にくれていたほっくんなんですね。その時のほっくんの心細さを考えると涙がでてきます。でも優しいご主人がほっくんを見つけてくださって、家族として迎えてくださるなんて、ほっくんは本当に幸せな子でしたね。色々な病気で大変なほっくんでしたが、ママさんの愛情いっぱいのお世話でこの日を迎えることができたんですね。これからも、幸せいっぱいシロくん、クーちゃんと仲良く過ごしてくださいね♪
いつも可愛いほっくんの笑顔に癒されています(^^)

名前:ロータス | 2014.07.03(木) 18:20 | URL | [Edit]

 

豆蔵さま☆

夫の面倒見のよさが想定以上で、病気てんこもりのほっくんとの1年間を乗り越えるのに、それは大きかったです^^
本当は、シロが寛大に受け容れてくれればもっとよかったのですが、こちらのガンコさも想定以上でした^^;
私はというと、まだまだ、血とか注射とかは生理的に拒絶してしまいますが、その他の、人と犬と猫の暮らしはこうでなければ!というような理想は、叶わなくてもそれもまたよしとする☆と、ハードルをうーんと下げることとかは、けっこう柔軟にできるようになり、気楽になりました^^;
これからも、マイペースに、いろいろ乗り越えていければいいな☆と思います^^

名前:シロママ | 2014.07.04(金) 00:53 | URL | [Edit]

 

ロータスさま☆

この1年は、いろいろなことがあり、獣医さんに、もうダメかなと思ってた…と言われたことも何度もあったので、ほっくんが今も普通にうちにいて、写真だけ見ると何も変わらないようにも見えることが、正直、驚きです^^
この人懐っこさから見て、野良になるまでの長い間は飼い猫だったと思われるので、どうしても、前の飼い主さんの影というかがあって、ほっくんに対して遠慮みたいなものが、初めはありました。
でも、無知だった領域の病気をつきつけられ、乗り越えていくうちに、ほっくんは病気を知らしめてくれ、私たちは学ばせてもらって最善を尽くすという…持ちつ持たれつの関係だね☆という気持ちに至りました。

目が合ったら、よたよたしながら慌てて立ち上がって駆け寄ってきたりとか…日々、切なさで泣きどころ満載なんですよ^^
シロとクーにもその辺りが通じれば…と、ぜいたくを言えば思いますけれども、それでも、私たちはなんとな~く幸せです^^
そんな幸せを、これからも、精一杯守っていきたいと思います☆

名前:シロママ | 2014.07.04(金) 02:39 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 シロブロ! with クローバー&ホク, all rights reserved.

シロママ

Author:シロママ
日本スピッツ*シロ
2008年11月2日生まれの男子
思い余ってペット用品店ホワイトwhiteまで開店してしまった(閉店いたしましたm(__)m)ほど、シロLOVE!!!の飼い主が、シロにまつわるいろいろを記録しています。
***************************
MIX(チワワ×チワックス)*クローバー
2013年3月4日生まれの女子
ツンデレ^^
***************************
元野良猫*ホク
推定1999年生まれの男子
2014年7月26日推定15歳で永眠
帰宅中の夫が駅前で拾った、推定、飼い猫→捨て猫
てんかん・腎臓病持ちながら、逆境にもめげず、卓越した人懐っこさで癒してくれました。

未分類 (0)
シロのこと (20)
シロのアイテム (10)
ホワイト情報 (30)
おさんぽ (73)
おでかけ (20)
その他 (30)
シロママのアイテム (11)
クーのこと (15)
クーのアイテム (2)
ホクのこと (6)

FC2Blog Ranking
にほんブログ村 犬ブログ スピッツ(日本スピッツ)へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。